融資事例バイオガスプラント施設における発電設備の増設を支援
株式会社八重瀬堆肥センター                               八重瀬町
事業概要
当社は八重瀬町内の複数の酪農家により共同で乳用牛のふん尿処理等を行うことを目的に設立されました。平成29年より町が有するバイオガスプラント施設の管理運営を担っており、乳用牛のふん尿と食品廃棄物を収集しバイオガス発電により電力を供給するほか、処理過程で発生する液肥等を町内農家に無償で提供しています。
融資内容
沖縄公庫は、既存発電設備の処理能力を超えるバイオガスの生成に伴い必要となる発電設備増設(能力増強)のための設備資金を融資しました。
融資効果
処理過程で発生する残さを堆肥製造の副資材に利用することで、コスト削減と品質向上が図られ、また、ふん尿の悪臭低減や地域農家の収益力向上など、地域社会の課題解決や活性化に加え、循環型社会の構築にも寄与することが期待されます。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • 沖縄復興開発金融公庫とSDGs
  • メディア掲載記事