ホーム出融資事例のご紹介出資/新事業創出促進 > 株式会社宮古島未来エネルギー

融資事例再生可能エネルギーサービスプロバイダ事業を支援
株式会社宮古島未来エネルギー                                                                                        宮古島市
事業概要
当社は、平成30年に設立された再生可能エネルギー事業を展開する企業です。同事業は、太陽光発電設備や蓄電池、温水熱給湯器等を当社が一括して調達・所有したうえで、当該設備を宮古島市内の戸建住宅や事業用施設に対して無償で設置し、発電した電力を設置先の自家消費分として販売するほか、余剰電力は売電するものです。
融資内容
沖縄公庫は、事業スキームの新規性や社会的意義に着目し、出資を行いました。増資資金は、太陽光発電設備の取得等に活用されました。また併せて、民間金融機関と協調融資を行い、資金繰りの円滑化も図っています。
融資効果
当社が設備を一括して調達することにより、再生可能エネルギー導入コストの削減が図られます。また、当該設備の蓄電池は台風等における非常用電源として利用できることから、沖縄における地理的課題の解決や、CO2排出削減への貢献により、政府が掲げる脱炭素社会の実現に向けた取組みの推進に寄与することが期待されます。