ホームニュース&トピックス > 沖縄公庫、ジョブマネ㈱に対し、BORベンチャーファンドと協調して出資を実行 ~小規模企業等を対象とした業務管理システムの普及を支援~

沖縄公庫、ジョブマネ㈱に対し、BORベンチャーファンドと協調して出資を実行 ~小規模企業等を対象とした業務管理システムの普及を支援~

平成30年12月3日  
沖縄振興開発金融公庫


 沖縄振興開発金融公庫(理事長:川上好久)は、平成30年11月30日にジョブマネ㈱(本社所在地:那覇市、代表取締役:小林康裕、以下「当社」)に対し 1,998万円の出資を実行しました。琉球銀行が出資する「BORベンチャーファンド(運営会社:㈱りゅうぎん総合研究所)」と協調して出資したものです。
【当社の概要】
 当社は平成29年10月に設立され、オールインワンのクラウド型業務管理システム「ジョブマネ」の企画、開発、県内外への販売・普及に取り組んでいます。
 設立以降、「OKINAWA STARTUP PROGRAM」(琉球銀行、沖縄タイムス社主催)や沖縄県産業振興公社が実施する「ベンチャー企業スタートアップ支援事業」にも採択されています。
【新事業の概要】 
 「ジョブマネ」の特長は、グループウエアが顧客情報管理機能、基幹業務機能と連動しているため、スケジュール管理や商談等の進捗管理の効率化、業務情報の一元管理、共有ができるというもので、IT導入が進んでいない小規模企業、中小企業を主なターゲットとしています。
【本事業における出資の意義】 
 今回の資金調達は、事業拡大のための販売活動の推進、システム機能の改善、サポート体制の強化等を目的としています。
 「ジョブマネ」の普及により、業務のIT化が進んでいない小規模企業等における業務の効率化、労働生産性向上につながるものと期待されます。


<出資先の概要>
 (1) 企業名(代表取締役)   ジョブマネ株式会社 (小林 康裕)
 (2) 所在地  沖縄県那覇市壺川3-4-26 オキジム壺川ビル5F
 (3) 事業内容  ・BtoBベンチャー企業向けクラウドサービスの企画・開発・販売
 ・ベンチャー企業のマーケティングコンサルティング
<新事業創出促進出資制度の概要>
 (1) 出資対象 沖縄において
・新たに事業を開始しようとする方
・事業を開始した日以後5年を経過していない方
・新たな事業分野の開拓を行う方
 (2) 出資限度額 新事業に必要な資本の額の50%以内
 (3) 出資実績      平成14年度より開始された新事業創出促進出資の実績(累計)
 66件、28億2,814万円(平成30年11月30日現在)

 
  <お問い合わせ先>
 新 事 業 育 成 出 資 室     上江洲 ℡ 098(941)1908
 企画調査部 業務企画課     前   川   ℡ 098(941)1740








沖縄公庫、ジョブマネ㈱に対し、BORベンチャーファンドと協調して出資を実行 ~小規模企業等を対象とした業務管理システムの普及を支援~(170KB)
地元紙掲載記事(285KB)


 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧