ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 令和2年度入庫/新垣 喜恵

令和2年度入庫/新垣 喜恵

仕事に対して真摯に向き合い、分からない
ところを優しく教えてくれる明るく働きや
すい職場。

令和2年度入庫 融資第三部農林漁業融資班 新垣 喜恵

現在の仕事内容

 私が所属する融資第三部農林漁業融資班では、農業者や漁業者の方々へ設備導入等に係る資金や運転資金などの融資を行っています。私は主に新型コロナウイルスの影響を受けた方を対象とする農林漁業セーフティネット資金を中心に電話での融資相談から、審査・契約まで一連の業務に携わっています。

 今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、お客様からの融資相談を主に電話にて対応させていただいておりますが、その際にはお客様の立場に寄り添って話を聞くように心掛けています。審査においては、頂いた資料をもとに電話で本人に確認しながら進めることを心掛け、また契約手続きの際には、お客様に契約内容を分かりやすく伝えるように心掛けています。融資が決定した際には、お客様に感謝の言葉を頂けることもあり、私自身も非常に喜びを感じます。
ある1日のスケジュール
06:00 起床
08:30 出社
09:30 班内ミーティング
12:00 昼食
15:00 上司と案件の調整
18:00 帰宅
19:00 趣味の時間
24:00 就寝

やりがいを感じる時

 融資審査や契約手続きのなかでやりがいを感じる機会が多いです。融資審査のなかで、実際にお客様の畑を訪問した際に、お客様の農産物や生産に対するお話を直接聞くことにより生産者の想いを受け取りながら審査を進めることが出来ました。私は入庫するまで、農林漁業者と直接関わる機会が無かったので、業務を通して事業者の想いに触れることにより数多くの発見があることが、私のやりがいに繋がっています。
 そして融資が決定し、契約時にお客様から直接お礼を言われた時に最もやりがいを感じます。この瞬間が相談から契約の一連の業務のなかで最も嬉しい瞬間であり、同時に日々の仕事の原動力になっています。

 

沖縄公庫を選んだ理由

 就職活動をする際に、今までの自分を振り返り、これから何をしたいかを考えた際に、「人をサポートする仕事に就きたい」という結論に至りました。その想いを軸として様々な企業を調べる中で出会ったのが沖縄公庫です。沖縄公庫は、身近な教育資金からホテルやモノレールなどの大型プロジェクトまで、幅広い分野から沖縄の発展に貢献できるという点に魅力を感じています。

入庫前の印象と入庫後の印象

 入庫前は金融機関に全く縁がなかったため、近寄り難く、お堅いイメージを持っていました。入庫後に職員のみなさんと関わると、優しくて面白い人が多く、1日1回は声を出して笑ってしまう出来事が起こります。良い意味で、入庫前と後でギャップを感じています。また、仕事に対しては真摯に向き合い、分からない所も優しく教えて下さるので、明るくて働きやすい職場だと思います。
 

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動は自分と向き合い、将来自分が何をしたいかを深く考える時期だと思います。ときには、周りが見えなくなることもあるかもしれませんが、特定の業種や企業に縛られずに、視野を広く持って欲しいと思います。また、企業の会社説明会に出席することは、実際に働いている先輩方の話を聞くことができるため自分の軸がより明確になる良い機会だと思います。皆さまが想いに合致した業種や企業に出会えることを心から願っています。