ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成29年度入庫/知念 拓人

平成29年度入庫/知念 拓人

年次に関係なく、様々な案件を任されることが魅力。

お客様と
二人三脚で歩む達成感がやりがい。

  

平成29年度入庫 融資第二部 中小企業融資第一班 知念 拓人

現在の仕事内容

 私は平成29年4月に入庫し、現在本店の融資第二部中小企業融資第一班に所属しています。当班では、那覇市や離島地域の中小企業や個人事業主に対する融資業務を行っています。
 業務内容は、主に窓口での相談業務や貸付審査業務を担当しています。まず、窓口での融資相談にて今回の事業の概要や、資金計画の内容について確認します。その中で、事業として利益をしっかり確保できるかどうかや計画の妥当性について検討します。その後、融資可能かどうかを決算書等の資料や実際の現場を確認したりしながら審査します。審査後、融資が決定すれば契約手続きを行い、実際にお客様へ融資が実行されます。また、融資後にも定期的に決算書の内容を確認しながら必要なフォローを行います。

ある1日のスケジュール
06:00 起床
08:00 出社
08:10 新聞記事を読み、若手社員で
意見交換
09:00 スケジュールやメールの確認
09:30 契約書類の作成、手持ち案件審査
11:00 お客様との契約手続き
12:00 お昼休み
13:00 お客様の事務所を訪問(審査に
かかる帳簿の確認や事業内容の
ヒアリング等)
15:30 手持ち案件の審査、相談記録の
作成等
18:30 退社
19:00 同期と居酒屋で夕食
24:00 就寝

やりがいを感じる時

 沖縄公庫では1年目から上司や先輩職員の指導の下、様々な業務や案件を任されます。業種や案件ごとに事業内容や見るべきポイント、必要な知識が全く異なるため、日々勉強しながら業務にあたっています。任された案件の事業計画をお客様と一緒に考え、無事に融資を実行できたときには大きな達成感があります。また、お客様から「ありがとう」と言われたときには、頑張ってよかったなと嬉しくなります。
 まだまだわからないことだらけで大変な場面もありますが、徐々にできる仕事の範囲を広げ、もっと色々な経験を積み、よりよいサービスが提供できるようにと毎日やる気に満ちあふれています。職場内の雰囲気も明るく、上司や同僚にサポートしてもらいながら楽しんで仕事をすることができています。

沖縄公庫を選んだ理由

 私は業務を通して様々な企業や事業に関わることができるのが、公庫の仕事の大きな魅力の一つだと思います。色々な業種のことを知り、携わることができる面白さと、業務を通して沖縄県の発展に寄与することができることが沖縄公庫への就職の決め手となりました。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動では、色々な会社を間近で見ることや教えてもらえる機会がたくさんあると思います。多くの会社や仕事について勉強することで、自分がやりたいことが定まってくると思います。また、実際に就職してからも、そこから得た知識や経験は必ず役に立つと思います。皆様の就職活動が実りあるものになるよう応援しています。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧