ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成24年度入庫/小谷 幹人

平成24年度入庫/小谷 幹人

少人数だからこそ生まれる支店の一体感と
お客様との距離の近さ。

平成24年度入庫 北部支店業務課 小谷 幹人

現在の仕事内容

 私は名護市にある北部支店に勤務しており、個人事業者や小規模零細企業、中堅企業のお客様に対する融資業務を行っております。担当エリアは恩納村以北の12市町村(3離島含む)と広い範囲をカバーしており、ホテルや観光バス、印刷工場、飲食店等の様々な業種に加え、農家や漁業者といった第一次産業のお客様からの資金ニーズに対応しております。

 現在は新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する資金繰り支援の相談が多いため、セーフティネット機能の役割を果たし、沖縄経済を下支えすべく日々奮闘しております。また、新規就農や創業関連、アフターコロナを見据えた事業転換、設備更新等への融資を通して北部地域および事業者の皆様の発展に貢献できるよう取り組んでおります。
ある1日のスケジュール
08:30 出社、スケジュールやメールのチェック
09:00 調書作成
10:30 来庫したお客様との相談
12:00 昼食
13:30 お客様を訪問して相談(計画地の視察など)
15:30 帰社、面談内容を上司へ報告
16:00 契約書類等の作成
18:30 退社

やりがいを感じる時

 創業を支援したお客様の店舗や工場が活気に溢れている様子を見ると、携わることができて良かったとやりがいを感じます。
 また、スーパーなどの身近な場所で取引先の農家が栽培した野菜、果物を手に取った時や設備投資を支援した企業の商品を見つけた時に、私自身が親しみを持って購入していることが多いため、そういった機会においてもやりがいを感じています。
 融資による支援のほか、返済条件の変更や民間銀行への相談等をサポートすることによりお客様の課題解決が図られ、「ありがとう」と感謝の言葉を頂いた時には、嬉しい気持ちになり、モチベーションの維持に繋がっています。

沖縄公庫を選んだ理由

 私は離島も含めて多くの県民や事業者に身近に関わりながら、沖縄のために貢献できる仕事に就きたいと考えていたため、国内唯一の地域に特化した政府系金融機関である沖縄公庫に惹かれ、入庫を志望しました。
 実際に与那国島や南北大東島、伊平屋島などの各商工会と連携して事業者を支援することは沖縄公庫ならではの役割であり、全県的な発展に貢献できる魅力的な仕事だと感じています。

支店勤務について

 北部支店は10名程の限られた職員で業務を行っており、一人ひとりの役割は大きいですが、職員の一体感を感じながら成長できる環境となっています。また、名護市のハーリー大会や商工会が主催するミニ運動会等の地域行事に参加しており、お客様との距離感が近いことも特徴があります。
 私は八重山支店でも勤務しましたが、各地域の実情を知ることが仕事に活かされているため、支店勤務は貴重な経験と感じています。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動は自分自身と向き合う貴重な機会ですが、自己分析と他者からの評価は異なる場合もありますので、自分の強みや弱み、適正などを決めつけず、広い視野を持って、将来働く姿を想像しながら辛抱強く挑戦してください。
 うまくいかないことも多いと思いますが、みなさんの就職活動が有意義な機会となることを心から願っています。