ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 令和2年度入庫/喜納 健太

令和2年度入庫/喜納 健太

多種多様な業種について学べ、
自分自身の見識を広げることができる環境。

令和2年度入庫 事業管理部業務第二班 喜納 健太

現在の仕事内容

 私の所属している事業管理部業務第二班では、融資金の管理やお客様の業況を踏まえた貸付条件の見直しおよび事業再生に向けた経営支援といった業務を行っています。

 また、お客様のなかには、返済方法を見直したいが、初めてなのでどのような手続きをしていいのか分からないと不安を感じているお客様もいらっしゃるので、分かりやすく丁寧にきめ細やかな対応をするよう心掛けています。
 近年は新型コロナウイルスの影響によって、業況が悪化したお客様を対象に、ご返済方法の見直し等、資金繰りのご相談に対応しています。

 
ある1日のスケジュール
06:30 起床
08:30 出社
09:00 1日のスケジュール・メール確認
09:20 班内ミーティング
11:00 書類作成
12:00 昼食
13:00 お客様と相談対応
14:00 応対の記録・確認事項を上司と調整
16:00 契約書類の作成
18:00 退社
19:00 友人と食事
23:00 就寝

やりがいを感じる時

 金融機関で勤務しているがゆえに、様々な業種のお客様と関わる機会が多いです。お客様との相談にあたり、様々な分野の業界について学ぶ機会があるため、日々、自分自身の見識を広げることができていると感じており、その点にやりがいを感じます。
 また、沖縄公庫では入庫してから早い段階で様々な業務を任せて頂く機会が多いです。業務をするにあたり、難しいと感じることも多々ありますが、周囲の先輩職員にアドバイスを頂きながら不安なく業務に取り組むことができています。

沖縄公庫を選んだ理由

 私は大学では公共政策を専攻していたので、将来は地域に関わる仕事をしたいと考えていました。業界研究を進めるなかで、教育ローンから大規模なプロジェクトまで幅広い資金ニーズに対応し、沖縄の発展に貢献している沖縄公庫の存在を知りました。様々な業種の方々と関わりながら、沖縄県の発展に寄与できる所に魅力を感じ、沖縄公庫を志望しようと考えました。

入庫前の印象と入庫後の印象

 沖縄公庫は政策系金融機関ということもあり、第一印象としてはお堅い印象を持っていました。しかし、沖縄公庫の会社説明会に出席し、公庫職員の先輩方との座談会を通じて、沖縄公庫は風通しが良く、働きやすい環境であることを伺いました。実際に入庫してからは、先輩職員の方々がおっしゃっていた通り、職員同士の距離感が近く、業務についても相談しやすいので、不安なく仕事に取り組みやすい良い職場環境が整っていると感じています。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動は自分自身を見つめなおす良い機会です。自分がどの職種に合致しているのか考えるために様々な企業の会社説明会やインターンシップ等に積極的に挑戦してほしいと思います。また、職種だけでなく職場の雰囲気や環境も就職先を決める上で重要な要素であると思います。就職活動では苦労することも多々あると思いますが、前向きに取り組みながら頑張ってください。