ホームニュースリリース > 沖縄公庫、沖縄都市モノレール株式会社に対して出資を実行 ~3両編成化に向けた財務基盤の強化を支援 ~

沖縄公庫、沖縄都市モノレール株式会社に対して出資を実行 ~3両編成化に向けた財務基盤の強化を支援 ~

令和2年3月27日
沖縄振興開発金融公庫

 
 沖縄振興開発金融公庫(理事長:川上 好久)は、令和2年3月27日に、沖縄都市モノレール㈱(本社所在地:那覇市、代表取締役:美里 義雅、以下「当社」)に対し10億円の出資を実行しました。
 
【事業の状況及び今後の展開】
 沖縄都市モノレール「ゆいレール」の平成30年度の乗客数は、52千人/日となっており、開業時(平成15年度)の32千人/日から大幅に増加し、ラッシュ時には乗客の乗り残しが発生するなど、輸送能力の増強が喫緊の課題となっていました。
 また、今後も那覇空港第2滑走路の供用開始等により更なる乗客増加が見込まれることから、当社、沖縄総合事務局、沖縄県、那覇市、浦添市、当公庫で構成される「中長期輸送力増強計画検討会議」が設置され、中長期的な需要予測を踏まえた輸送能力について検討をした結果、3両編成化が望ましいとの意見が取りまとめられました。
 国においても「沖縄都市モノレール3両化導入加速化事業」を創設するなどの支援が行われており、当社は、早期の運行を目指して鋭意3両編成化に取り組むこととしております。

【本事業における出資の意義】 
 沖縄都市モノレール「ゆいレール」は、平成15年度の開業以降、県民生活を支える基幹交通として、また、本県のリーディング産業である観光産業を支える二次交通として、多くの県民、観光客の皆さまに利用されてきましたが、一方で、開業時投資の回収途上にあることから、当社の財務は、平成31年3月末において27億円の債務超過の状態にあるなど、大規模な設備投資を行うには課題を有する状況にありました。この状況を改善するため、当公庫は、事業母体である沖縄県及び那覇市が実施したDES(デッド・エクイティ・スワップ)と協調して出資を実行しました。この増資により当社の債務超過は解消され、次年度より本格化する3両編成化事業や通常運行の安心・安全を下支えする財務基盤の強化が図られることとなります(イメージ図参照)。
 当公庫は、今後とも本県の基幹交通を担う当社を、事業母体である沖縄県、那覇市、浦添市と連携協調して支援してまいります。

 
【参考】DES・増資による財務基盤強化のイメージ図

      ※  DES(デッド・エクイティ・スワップ)は、企業の債務(借入金)を資本(株式)と交換することで、企業財務
           を再構築する手法です。
 
  <お問い合わせ先>
 融資第一部産業開発出資班  大 嶺 ℡ 098(941)1775







  
本件に該当するSDGs      


 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • 沖縄復興開発金融公庫とSDGs
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧