ホームニュースリリース > 仕事と子育ての両立を支援する「子育てサポート企業」として『くるみん』を取得~金融機関として県内第1号(県内24社目)の認定~

仕事と子育ての両立を支援する「子育てサポート企業」として『くるみん』を取得~金融機関として県内第1号(県内24社目)の認定~

令和元年6月28日
沖縄振興開発金融公庫


 沖縄振興開発金融公庫(理事長:川上好久)は、次世代育成支援対策推進法(以下、「次世代法」という。)に基づく認定(通称:くるみん認定)企業として、沖縄労働局(局長:安達隆文)より令和1年6月5日付けで認定を受け、同月28日の認定授与式にて認定マーク『くるみん』を取得しました。県内金融機関としては第1号(県内24社目)の認定となりました。
 当公庫は、次世代法に基づく行動計画において、子育て支援に関する制度周知や情報提供などの目標を掲げ取組みを実施して参りましたが、この度、全ての目標を達成し、厚生労働省の定める仕事と子育ての両立を支援する「子育てサポート企業」としての認定基準をクリアしたことから、認定マークを取得することができました。
 当公庫は、職員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や子育てをしていない職員も含めた多様な労働条件の整備などに今後も取り組んで参ります。

『 次世代法に基づく行動計画 』
 仕事と子育ての両立を図るための働きやすい環境整備に努め、全ての職員がその能力を十分に発揮できるよう、次のとおり行動計画を策定する。
【計画期間】 平成26年4月1日~平成31年3月31日(5年間)
●目 標1 妊娠中や出産後の職員の健康の確保について、職員に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備を実施
      する。
(対 策)・管理職向け研修で育児休業、休暇、時間外勤務の制限等について説明し仕事と子育ての両立についての啓発を
      実施
     ・職員の出産・育児に関する相談窓口の設置を継続
     ・妊娠中の女性職員に対し、妊娠中や出産後の健康の確保に係る制度の説明の機会を確保
     ・全職員に育児休業、休暇、時間外勤務の制限等に係る資料を配布し、仕事と子育ての両立についての啓発を実
      施

●目 標2 育児休業からの円滑な職場への復帰及び復帰後の仕事と子育ての両立を支援する。
(対 策) 育児休業から復帰する職員に対し、上司との面談の機会を設け、職場の状況や復帰後の担当業務の内容につい
      て情報を提供

●目 標3 ワークライフバランスの実現に向けた、職員への意識啓発活動を実施する。
(対 策) ワークライフバランスセミナー等の開催

●目 標4 職員の子どもが職場を見学できる機会を提供する。
(対 策) 本店において「職場参観日」等の開催
 

[問合せ先]
総務部総務課(担当:松村)℡03(3581)3241  業務統括部業務企画課(担当:宮城)℡ 098(941)1740  

                                        
                                        本件に該当するSDGs

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • 沖縄復興開発金融公庫とSDGs
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧