ホーム出融資事例のご紹介出資/新事業創出促進 > 沖縄プロテイントモグラフィー株式会社

出資事例OIST 発第1 号ベンチャー企業の事業展開を支援
沖縄プロテイントモグラフィー株式会社                          うるま市
事業概要
当社は、沖縄科学技術大学院大学(OIST)にて構造細胞生物学を研究するウルフ・スコグランド教授が開発した、「タンパク質等の分子構造3次元可視化技術(プロテイントモグラフィー法)」の事業化を目的に設立されたベンチャー企業です。OISTの研究室を事業拠点にタンパク質の構造解析サービスを展開しています。
出資内容
沖縄公庫は主に海外製薬会社等向けの営業・研究体制の強化を目的とした事業運営資金として出資を行いました。
出資効果
「プロテイントモグラフィー法」のグローバルな営業展開により、世界レベルにおける医薬品開発への貢献が期待されます。またOIST を中核とした「知的・産業クラスターの形成」を目指す「沖縄21 世紀ビジョン基本計画」の政策趣旨に沿った点も踏まえ、沖縄の自立型経済の発展に資することが期待されます。