融資事例ホテル事業への経営多角化を支援
沖縄フルーツランド株式会社                        名護市
事業概要
 当社は、昭和49年に創業し、昭和56年に法人成りした土産物品小売事業者です。名護市為又において、亜熱帯の果樹、鳥等を中心としたテーマパーク「トロピカル王国OKINAWAフルーツランド」を運営、年間30万人を超える観光客が訪れる人気の施設となっています。
融資内容
 当社は経営多角化を図るため、テーマパークに隣接したコンドミニアムホテルを建設しました。沖縄公庫は、当社のメインバンクである民間金融機関と協調して融資を行い支援しました。
融資効果
 同ホテルは、県内唯一のテーマパーク併設型ホテルであり、既存テーマパークとの相乗効果による収益力向上が図られるとともに、北部地域の観光リゾート産業の発展に寄与することが期待されます。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • 沖縄復興開発金融公庫とSDGs
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧