融資事例超早期の癌診断検査法の研究開発を支援
ジェノダイブファーマ株式会社                     うるま市

事業概要
当社は、東海大学発のゲノム解析のバイオベンチャーとして平成14年に設立され、ヒトゲノム解析と診断技術の開発を行っており、沖縄県ではうるま市州崎の沖縄ライフサイエンスセンターにおいて「Liquid Biopsy(リキッドバイオプシー)技術(採血による遺伝子検査に基づく超早期の癌診断検査法)」の研究開発を行っています。
融資内容
沖縄公庫は、挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)を適用し、Liquid Biopsy 事業の研究開発資金として運転資金を融資しました。
融資効果
当公庫は、今次事業の新規性と当社の技術力及び事業可能性を評価し、融資を実行しております。本件、融資により当社財務基盤を強固なものとし、資金繰りの円滑化が図られ、また事業面では、開発後の事業化において、県下の大学病院をはじめとする医療・研究機関やヘルスケア関連事業者と連携することにより、県内における医療サービスの多様化と周辺ビジネスの創出を図ることが期待されております。
 
    
 

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧