ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成28年度入庫/真栄田 美里

平成28年度入庫/真栄田 美里

新人職員の意見にも
積極的に耳を傾けてくれる職場環境。

結果と過程の両方を大切にし、
満足できる「答え」を生み出していく。

平成28年度入庫 融資第二部 生衛・創業融資班 真栄田 美里

現在の仕事内容

 私は現在、融資第二部生衛・創業融資班に所属しています。
 当班では主に飲食店、理・美容室などの生活衛生関係事業者の方や、新たに事業を始められる方への融資業務を担当しています。
 窓口にてご相談や審査業務を行っていますが、公庫に蓄積された様々な業種のデータを基にアドバイスをすることもあるので、私自身も常に情報収集に勤しんでいます。
 審査の際には、提出頂いた書類やヒアリングのみでは分からない点について、実際の店舗や開業予定地を訪問し、立地環境などを調査しています。
 他にも、県民の日常生活に極めて深い関係のある生活衛生同業組合の担当者と日々調整を図り、連携に努めています。

ある1日のスケジュール
06:30 起床
08:00 出社 重要な新聞記事をチェック
09:30 窓口にて融資相談業務
11:00 融資審査業務
12:00 お昼休憩 同期と社食へ
13:30 外出 開業予定地を調査
15:30 帰社 審査書類作成
16:30 お客様との面談メモの作成
19:00 退社
20:00 習い事
23:00 帰宅  就寝

やりがいを感じる時

 様々な場面でやりがいを感じますが、担当したお客様が開業された時は、特にやりがいを感じます。開業前に伺ったイメージどおりに店舗が完成し、お客様の夢が形となっているのを見ると、毎回嬉しいです。
 また、公庫は限られた職員で幅広い分野の融資業務を担っており、入庫後もすぐに重要な仕事を任されます。責任重大で日々緊張しますが、OJTや周囲の先輩方の手厚いフォローもあり、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。
 「公庫融資が実行されなければ開業はできなかった」などのお礼の言葉を頂くと公庫の存在意義を改めて実感します。県民の良きサポーターになれるよう、継続して自己研鑽に励んでいます。

沖縄公庫を選んだ理由

 大学進学にあたり、沖縄が抱える課題は何かと考えた時、高い失業率と低い県民所得であることに気づき、進路を決めました。就職活動の際にも、この課題を解決できる仕事に携わりたいと考え、志望企業を検討する中で公庫に出会いました。
 公庫にはこれらの課題解決を図るため創設された様々な制度があったことから、強く入庫を希望しました。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動の機会を最大限活かし、様々な企業や社会人の先輩方と触れ合う機会を大事にする事をお薦めします。私は先輩方のお話を伺う中で、自分自身が何をやりたいかが明確になりました。
 就職活動は大変だとは思いますが、志望する企業で働いてる姿を想像しながらぜひ頑張ってください。皆様の就職活動が実りあるものとなることを祈念しています。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧