ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成28年度入庫/山口 翼

平成28年度入庫/山口 翼

最適な融資提案が出来るよう、

日々業務を通して自己研鑽に励む。
  

平成28年度入庫 融資第一部 産業開発融資班 山口 翼

現在の仕事内容

 私は平成28年4月に入庫し、現在、本店の融資第一部産業開発融資班において貸付審査業務を担当しています。
 貸付審査は、お客さまの資金ニーズを的確に把握した上で最もメリットのある融資制度を提案し、融資の可否を判断する仕事です。融資の可否判断に当たっては、お客さまの業績や財務内容を詳細に分析し事業計画の実現性を検証することに加え、その事業所を訪問し現場確認を行うことが重要となります。
 産業開発融資班では、沖縄県の自立型経済の発展を金融面で支援するための融資制度を取り扱っており、長期で安定的な資金の供給により、観光リゾート施設等の整備を通して沖縄経済の発展を支援しています。

ある1日のスケジュール
07:00 起床
08:30 出社
08:40 当日のスケジュールやメール等を確認
09:00 契約書類の作成、上司と協議
11:00 課内ミーティング
12:00 昼休み
13:00 お客様の会社を訪問
15:00 帰社、訪問したお客様の契約手続き
17:30 ノー残業デーのため、定時退社
18:00 同僚との飲み会
24:00 就寝

やりがいを感じる時

 沖縄公庫は職員数が少ないため、比較的早い段階から重要な業務や案件を任されることが多い職場だと感じます。私は現在入庫1年目ですが、上司や先輩職員の指導のもと、様々な業務に携わることができ非常にやりがいを感じています。
 また、多種多様な業種のお客さまと融資相談を通して、様々な価値観や考え方に触れる機会も多くあり、とても勉強になります。融資審査だけではなく、現在の企業の財務状況等を踏まえ、経営課題への適切なアドバイスなどのコンサルティング機能を発揮できるのも沖縄公庫の強みです。
 お客さまの経営課題等を踏まえた最適な融資提案ができるよう、日々の業務を通して自己研鑽に励み、沖縄で事業を行うお客さまをサポートできるよう邁進していきたいと考えています。









 
     

沖縄公庫を選んだ理由

 私は県外の大学に進学し、学生時代は理系ということもあり、県外で金融とは全く異なる職種に就いておりました。しかし、社会での経験を通して、経済の面白さと重要性に気が付きました。
 沖縄公庫では国や沖縄県の沖縄振興策と一体となり、民間金融機関では融資が難しいとされている案件にも携わることができることに加え、私の出身地である沖縄の発展にも貢献できることに魅力を感じ、沖縄公庫への就職を決意しました。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 就職活動期間中は学業との両立で多忙かと思いますが、健康には十分気をつけて頑張って下さい。皆さまにとって満足のいく就職活動となることを祈念しております。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧