ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成22年度入庫/砂邊 良晴

平成22年度入庫/砂邊 良晴

様々な事情を抱える経営者と接する仕事だからこそ、         
誠心誠意向き合うことを大切にしたい。

平成22年度入庫 北部支店業務課 砂邊 良晴

現在の仕事内容

 私は名護市にある北部支店業務課に所属し、県内の北部地域(離島含む)で事業を行う個人及び法人のお客様に対する融資業務を担当しています。
 対応させていただくお客様は、これから飲食店を開業しようとする個人の方や、長年にわたり製造業を営んできた会社の代表者の方、さらにはトマトを栽培する農業者の方など、様々な事業を行う方がいらっしゃいます。それぞれのお客様の事業がより良いものとなるよう融資という形でサポートを行っています。
 お客様がどのような事業を行っているのか理解するため、実際に工場内部の見学や、船で離島に行って畑を見ることもあります。多種多様な事業を行うお客様と対応するので、それぞれの事業がどのような仕組みになっているのか日々勉強しながら業務に取り組んでいます。 

ある1日のスケジュール
07:00 起床
08:30 出社
08:45 1日のスケジュール等を確認
09:30 窓口での融資相談
11:00 面談メモ作成
12:00 昼食(同僚と沖縄そば屋にて)
13:00 今帰仁村の農家を訪問
16:00 帰社、訪問メモ作成
16:30 訪問先の融資可否判断について
上司との事前調整
17:30 退社
18:30 趣味のダンスレッスン受講
20:30 帰宅
24:00 就寝

やりがいを感じる時

 経営者の中には、必ずしも事業が順調ではない方もいらっしゃいます。そのような方としっかり向き合い、どうすれば事業が好転するのかを一緒に考え、そのうえで融資を行った後に事業が好転したと聞くと、誠意をもって対応して良かったと感じます。
 ただお金を貸すのではなく、お客様が本当に必要としていることが理解できるように、誠心誠意お客様と向き合っていこうと思います。

沖縄公庫を選んだ理由

 目の前の人に対し、相手の立場に立って考え、誠意をもって接することができるような働き方がしたいと思っていました。公庫は政府系の機関ということもあり、そのような働き方ができると思って入庫しました。そして、入庫してしばらく経ちますが、今でもその想いのまま働けていることがとても幸せです。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

  自分は何が好きで、なぜそれが好きなのかを改めて考えみて、その好きなことが希望する会社にあるのかを考えながら就職活動をすると、きっと後悔しない会社選びにつながると思います。
 自分の将来をより良くするために、貪欲に頑張ってください。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧