ホーム採用情報先輩社員インタビュー > 平成14年度入庫/関 貴代子

平成14年度入庫/関 貴代子

子育てと両立は大変ですが、日々楽しみつつ、         

やりがいをもって仕事をしています。 

平成14年度入庫 新事業育成出資室  関 貴代子

現在の仕事内容

 現在私は、新事業育成出資室において、ベンチャー企業への出資審査、出資後管理及び融資業務を担当しています。
 出資の対象事業は、「沖縄における新たな事業」です。新しい技術・ノウハウでもって、今後高い成長性が期待できる企業が対象となります。新しい技術であり当該事業の実績がない中、将来の予測をたてて審査をしなければならないところが、ベンチャー出資においてとても難しいところです。反面、新しい技術等に関する知識を得ることができますし、ベンチャー企業の経営者は独創的で話し上手の方が多く、面談を通して私自身の成長につながる仕事です。
 今後高い成長性が期待できるか、公庫が出資する意義はあるか、また、出資後は計画どおり事業展開できているかを分析・判断し、
「新事業育成」に少しでも貢献できるよう取り組んでいます。

ある1日のスケジュール
06:30 起床
08:20 出社
08:30 スケジュールやメールを確認
10:00 出資先企業と事務所で面談
面談記録を作成
12:00 昼食
13:00 出資先企業の財務情報データを作成
14:30 外出(定時株主総会に出席)
16:30 帰社(書類作成)
17:00 退社 ※育児時差勤務制度を利用しています
18:00 夕食作り、子供のお迎え
23:00 就寝

やりがいを感じる時

 出融資部署においては、やはり、お客さまから「おかげさまで」「ありがとう」とお礼の言葉をいただいた時であったり、信頼していただけたと感じられる時です。精査すべき事項が多く苦労した案件や、業況が厳しく返済条件緩和等の支援が必要となった場面であれば、尚更やりがいを感じます。
 残業が続いて子育てとの両立に苦しむこともありますが、やりがいを感じ、上司や同僚の支援も受けることで、日々楽しみつつ仕事をすることができています。









 
     

沖縄公庫を選んだ理由

 県外の大学に進学したこともあり、沖縄に戻って就職するのであれば、「沖縄のために」を目的としている企業がよいと考えていました。また、様々な業界の方と関わることができるということで、「金融」業に興味を持っていました。そんな中、沖縄公庫を知る機会があり、私のイメージどおりの仕事だと感じ、沖縄公庫を選びました。

就職活動をするみなさんへのメッセージ

 様々な企業を訪問し、ご自身のイメージにピッタリの企業を見つけてください。その企業として公庫を選んでいただければ嬉しく思います。
 ご健康に気をつけて、就職活動に挑まれてください。応援しています!

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧