ホーム住宅ローンをご利用中の方 > 特約火災・地震保険

特約火災・地震保険

(1) 火災保険が満期となった場合

  • 幹事保険会社(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)から満期日のおよそ1か月前に連絡がありますので、引き続きご返済の方は、必ず継続・更改の手続をおとりください。なお、継続・更改の手続の際には、保険金額の見直し、特約地震保険のご契約(加入されていない方)をおすすめします。

(2) 保険金額(ご契約金額)をお決めになるときは

  • 保険金額は少なくとも公庫の融資額以上または、建物の再調達価額(※)を限度としてお決めいただくことになっています。
  • 保険金額を建物の再調達価額以下でご契約されていると、万一の場合、充分な支払を受けられないおそれがありますので、保険金額を再調達価額いっぱいでご契約されるようおすすめいたします。
  • 年月の経過につれて建設費等の上昇により、ご契約いただいている保険金額が建物の再調達価額を下まわる可能性がありますので、折りにふれ保険金額が再調達価額いっぱいになっているか見直されるようおすすめいたします。

再調達価額とは

同等の建物を新たに建築あるいは購入するのに必要な金額のことです。平成13年度以前に融資のお申込みをされた方は、建物の時価額または再調達価額を限度としてお決めいただくことになっています。時価額とは、同等の建物を新たに建築あるいは購入するのに必要な金額から、使用による消耗分を控除して算出した金額のことです。

再調達価額の算出方法、保険金額の見直しをされる場合の手続については最寄りの幹事保険会社(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)または現在ご返済中の金融機関にご連絡ください。また、ご返済中は、特約火災保険の他、公庫が別に定める要件を満たす火災保険での契約もできます。

(3) 建物がり災した場合

火災保険の目的物である建物に生じた次の損害に対して損害保険金が支払われます。建物にこのような損害が生じたときは、ただちに最寄りの幹事保険会社(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)または現在ご返済中の金融機関にご連絡ください。

●火災・落雷・破裂・爆発
●建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊
●給排水設備の事故などによる水ぬれ
●騒じょう・労働争議等に伴う暴力行為・破壊行為
●風・ひょう・雪による20万円以上の損害
●盗難によって建物に生じた盗取・き損・汚損
●水災(建物が30%以上の損害を受けた場合または床上浸水した場合)
 また、ご希望により破損・汚損特約を付すことで、上記以外の不測かつ突発的な事故で破損・汚損による3万円以上の損害を被った場合についても一定の保険金を受け取ることができます(ただし、割増保険料が必要です。)。

※1 他人の戸室への損害賠償は対象となりません。
※2 家財は、特約火災保険では対象となりません。別途、一般の家財部分だけの火災保険をご利用ください。

(4) 特約地震保険にご加入されていない場合

特約火災保険だけでは、地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」と言います。)による倒壊等の損害や“地震等による火災損害”(地震等による延焼損害を含みます。)については保険金は支払われません。地震等による損害には特約地震保険のご契約が必要です。

現在加入されていない方でも特約火災保険期間の中途で特約地震保険に加入することができますので、最寄りの幹事保険会社(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)または現在ご返済中の金融機関にご相談ください。

(5) 融資金の全額を繰り上げて返済した場合

融資金の全額を繰り上げて返済した場合でも、保険契約はその満期日まで有効です。
 ※解約を希望される場合は、下記の窓口で手続をおとり下さい。
 公庫融資完済時・・・・・・公庫融資の手続をされた金融機関の窓口
 公庫融資完済後・・・・・・幹事保険会社(損害保険ジャパン日本興亜株式会社)・・・平成26年9月現在

(6) 特約火災・地震保険共同引受保険会社

  • 特約火災・地震保険は、共同保険であり、以下の損害保険会社がそれぞれの引受割合により、連帯することなく単独別個に保険責任を負担しています。
  • 万一、以下の保険会社が破綻した場合、特約火災保険により支払われる保険金等において破綻会社の引受割合に応じた保険責任額のうち最大で10%削減される可能性があります。
    ただし、地震保険により支払われる保険金等は、法律により全額補償されます。

・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 ・朝日火災海上保険株式会社 ・アリアンツ火災海上保険株式会社
・AIU保険会社 ・エース損害保険株式会社 ・共栄火災海上保険株式会社 ・ジェイアイ傷害火災保険株式会社
・セコム損害保険株式会社 ・セゾン自動車火災保険株式会社 ・大同火災海上保険株式会社
・東京海上日動火災保険株式会社 ・日新火災海上保険株式会社
・富士火災海上保険株式会社 ・三井住友海上火災保険株式会社(50音順)
(幹事保険会社) 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 平成26年9月現在

お問い合わせ先
幹事保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
特約火災保険部 0120-100-838
[受付時間] 平日 午前9時~午後5時 ただし、土日祝日、12月31日~1月3日を除きます。

建物に被害を受けられた場合の連絡先

【事故サポートセンター】0120-727-110  [受付時間] 24時間365日
【インターネットでのご連絡】 「火災事故 損保ジャパン日本興亜」で検索  
               または http://www.sjnk.co.jp/covenanter/acontact/
                 

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧