ホーム出融資事例のご紹介創業・新事業展開への支援 > 株式会社トマス技術研究所

融資事例小型焼却炉事業の本格的な海外・県外展開に対し、官民連携した協調支援を実施
株式会社トマス技術研究所                                  うるま市
事業概要
当社は、うるま市において、小型・中型焼却炉の製造販売を手掛けるベンチャー企業です。海外展開としてJICA(独立行政法人国際協力機構)と連携し、インドネシア・バリ島の病院への自社製品の導入を進めています。当社および代表者による焼却炉関連の特許出願数は17件(うち認定数は14件)あり、①煙を出さない超低ダイオキシン類、②完全自動運転、連続投入可能、③シンプルな構造で故障しにくい、等の特許技術が高評価され、環境大臣賞などを受賞する等、焼却炉開発分野における高度な技術力を確立しています。主力の小型焼却炉「チリメーサー」は、黒煙を出さず、ダイオキシンの排出を低減し、産業廃棄物や一般ごみ等の処理が可能です。運転コストも低く抑えられ、漂着ゴミや農業資材の処分を目的に導入する自治体が多く、県内41市町村のうち13市町村(15台)の納品実績を有しています。
融資内容
沖縄公庫は、資本性ローンを適用し、小型焼却炉を本格的に海外・県外へ展開すべく、材料仕入資金等の増加運転資金を融資しました。
融資効果
当社は、JICA事業を展開するために必要となる短期の運転資金をメイン行から調達していますが、本件資本性ローンと併せた協調支援により当社の財務基盤を強固なものとし、資金繰りの円滑化が図られ、技術力を有する当社の海外・県外展開の本格化に資することが期待されます。

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧