ホーム沖縄公庫のご案内 > 理事長メッセージ

理事長メッセージ

◆沖縄の振興開発における「車の両輪」
 沖縄振興開発金融公庫(以下、沖縄公庫)は、沖縄の振興開発を金融面から支援するため、昭和47年5月に設立された沖縄県のみを対象とする唯一の総合政策金融機関です。設立以来、時代の変遷に応じて業務の見直しを図りつつ、長期で良質な資金の安定的な供給を通じて、沖縄の経済の振興と社会の開発に取り組んでまいりました。民間投資を支援する当公庫の政策金融は、財政上の特例等による公共投資等の推進と並び、沖縄の振興開発における「車の両輪」として位置付けられます。

◆魅力ある沖縄の地域特性
 沖縄は、地理的特性として、東アジアの中心に位置し、アジアとの架け橋としての役割を果たしていく可能性や、自然環境的特性として優れた自然環境に恵まれ、観光資源としてはもとより、世界的環境問題に対する課題解決に大きく貢献する可能性等を秘めた魅力ある地域です。
 この間、観光・リゾート産業の発展や国際航空物流拠点施設の整備など、一定の成果もありますが、さらにあらゆる分野において、その特性を生かしていくことが課題です。将来の沖縄の姿を視野に入れ、内外の英知を結集することにより、限りない可能性を現実のものとするための取組が求められています。
 

◆自立型経済の発展に向けた政策金融の役割
 沖縄公庫は、これまで四次にわたる「沖縄振興(開発)計画」に基づく施策や自立型経済の構築、離島活性化などについて、国・県の重点施策と一体となった取組や民間金融機関と協調・連携した取組を推進してまいりました。とりわけ「民間主導の自立型経済の構築」につきましては、観光リゾート産業、情報通信産業及び国際物流拠点産業の振興等のリーディング産業の育成支援並びに中小企業の高度化や創業、ベンチャー支援などについて金融面から積極的に取り組んでまいりました。
 近時の沖縄経済は、好調な観光需要等に牽引されて、持続的に拡大しており、企業の成長投資に向けた環境が整いつつありますが、持続的発展に向けた人材育成などの課題もあります。
 沖縄公庫は、民間金融機関との役割分担を踏まえ、過度に担保・保証に依存しない制度の活用や事業特性に応じた最適な金融サービスの提供に取り組むなど、沖縄の多様なニーズに即応し、さらに地方創生にかかる諸施策を踏まえ、良質な資金を円滑に供給することを通じて、沖縄の自立型経済の発展に向けて公庫ならではの役割を果たせるよう努めてまいります。

◆沖縄の振興開発に引き続き貢献するために
 「沖縄21世紀ビジョン基本計画(沖縄振興計画)」においては、政策金融の活用について、地域産業の振興、新たな産業分野の創出、離島地域の振興、大規模な駐留軍用地跡地の開発などには多額の資金需要が見込まれること、さらには、地理的特性を生かした産業の発展や地方創生の推進、子どもの貧困対策及び雇用の質の改善等、地域課題に則したきめ細やかな制度の創設・拡充が求められることから、本県の地域特性に精通し、きめ細かく機動的に対応しうる沖縄公庫の役割は引き続き重要であるとされており、政策ニーズに則した各種金融支援制度の整備やその活用促進など一層の役割発揮が求められております。沖縄公庫としましては、引き続き国や県等の重点施策と一体となって沖縄振興に貢献してまいりたいと考えております。
 私どもは、県民の皆様への感謝を胸に、また公庫の役職員一同、課せられた使命の重さを再認識し、経営理念として「企業の成長とゆとりある県民生活のサポート、お客様の良きパートナー、アドバイザー」を掲げ、県民の皆様から信頼される公庫、親しまれる公庫となるよう引き続き努力してまいりますので、皆様の一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 川上 好久

 融資をご利用中の方(各種様式)

採用情報
沖縄公庫 櫓舵
  • 調査研究レポート
  • IR情報
  • よくあるご質問
  • ディスクロージャー誌
  • メディア掲載記事

沖縄公庫で、教育ローンが利用できるのをご存知ですか?

  • 1つを選択して下さい。

投票せずに結果を閲覧